民泊ニュース

通訳案内士の法令が閣議決定されました。

通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案 閣議決定 (観光庁2017.3.10)

かねてから、廃止の方向が出されていた通訳案内士法が閣議決定されました。

通訳案内士法とは、外国語を用いて、ガイドをするには、通訳案内士の国家試験を合格した者しかできないという法律です。罰金もあります。
今回、だれでも外国語を用いたガイドをできるようになりました。
ただし、通訳案内士と名乗れるのは国家資格を取得しているものだけです。

これで、外国人観光客をだれでもガイドできるようになったので、規制緩和になります。

そもそもこの資格は必要かといわれていました。なぜなら、ガイドをするには資格はいりません。通訳をするにも資格はいりません。ガイドと通訳を一人でやるときのみ、資格が必要であるという法律だからです。
発表資料にあるように、これで誰でも観光ガイドができるので、新規参入が増えてくると思われます。

関連記事

  1. 民泊ニュース

    民泊新法施行後の展開を勝手に予想

    民泊新法が2017年3月10日に閣議決定されました。これにより…

  2. 代行業サービス

    民泊お掃除で女性活躍支援

    民泊のお掃除は、朝11時ごろから夕方4時ごろのお仕事です。つまり、…

  3. 民泊法規制news

    民泊新法 集合住宅の1室から運営可

    民泊新法 集合住宅の1室から運営可2,017/2/8 全国賃貸住宅…

  4. 民泊ニュース

    Airbnb、高級別荘やコンシェルジュサービスも扱うLuxury Retreatsを買収

    Airbnb、高級別荘やコンシェルジュサービスも扱うLuxury Re…

  5. 民泊法規制news

    政府、無許可民泊の罰則強化へ

    政府、無許可民泊の罰則強化へ(ロイター)2017/2/15…

PAGE TOP