民泊簡宿運営サポート

民泊簡宿運営サポート

住宅宿泊事業法の新法施行、旅館業法などの一部改正で、業界があわただしくなってきています。

第二次安倍政権発足時より、外国人観光客増加を目指して、入国ビザの緩和を大幅に行ったことで、海外からの旅行者が飛躍的に伸びました。
これを受けて、爆買いに象徴される、いわゆるインバウンドビジネスが盛んになりました。
外国人観光客の増加は、宿泊施設の不足をもたらし、ホテル不足がさかんに言われるようになりました。

そこに、登場したのがairbnbなどの、民泊マッチングサイトです。
アメリカのサンフランシスコではじまったこのサービスは、家賃を払うために、ホテルが取れなかったイベント客向けに、自室のエアベッドを貸したところから始まっています。
自宅の一室を貸すことで、収入がえられるというこの発想は、リーマンショック時の就職活動にあつまった世界中のひとをつうじて、あっという間に広がりました。
ホテル料金と、住宅家賃との鞘取り商法で、家賃の数倍稼げるということで、知る人には大人気になりました。
airbnbは時価総額が6兆円ともいわれ、ホンダや日本郵政にならぶような会社になっています。
そのため、世界中で摩擦も生じ、空き家がなくなって家がかりられないと、規制する国や都市もある一方、スエーデンのように国をあげて推進する国もあります。

日本では、成長戦略の一環として、民泊国家戦略特区をつくるなど、政府は推進の立場をとっています。
しかし、既存の旅館業界や近隣住民の苦情など反対するかたもいて、自由に解禁とはなっていません。
対応する法律が未整備であることから、グレーであるとか、旅館業法では適法でないために闇民泊などともいわれております。
そこで、住宅宿泊事業法の施行により民泊が合法化されることになりました。

しかしながら、その新法によって、全面的に民泊が解禁されるものではなく、規制がまだまだ多い内容となっています。

対象となる方

現在、民泊を運営されていて、現状の運営、将来の運営にお困りごとのある方。
不動産をお持ちで、有利な運用を検討されている方。
今後の、有利な投資を検討されている方。

 

民泊・簡易宿泊所向け代行サービスとコンサルティング

セミナー案内


ホストのための代行サービス

物件紹介
インテリアコーディネート
写真撮影
リスティング作成
ハウスマニュアル作成
メール対応代行
鍵の受け渡し
清掃代行
緊急対応
消耗品補充
観光案内

 

ホストのためのコンサルティング

民泊新法 住宅宿泊事業法対応
新規開業
民泊仲介業参入

お問合せ

こちらまで、メールをお願いします。
toiawase@bnbtoursupport.jp

PAGE TOP