民泊ニュース

「民泊」解禁どころか後退へ、個人での民泊は全滅か?

「民泊」解禁どころか後退へ、経産省の不作為(日経ビジネス 2017.2.28)

民泊新法として、今国会に提出に向けて3月上旬に閣議決定予定の「住宅宿泊事業法」ですが、個人の民泊はほぼできない内容であることがわかります。

180日の営業制限ばかりに注目が集まっていますが、そのほかにいろいろなできなくなるポイントがあります。
まず、民泊を行う場合には「標識」を公衆のみやすいところに掲げることというのがあります。
これは、ホストの住所氏名連絡先を、マンションのオートロックの外の外壁などに掲示することです。しかも罰金30万円。

個人情報保護の観点から見ても、個人譲歩を公衆にさらさないと、営業ができないというものです。
世界的には、規制の日数いないなら、登録は不要とするものが多いそうですが、これではほとんどの人が、登録できないでしょう。

登録も、ほとんど建設業法のような届け出ですので、不在型の民泊を自営する場合は、自分の財産、管理体制などを届け出なければなりません。

えらいことです。

 

nikkeibp_minnpaku_fusaku

 

今後、この関係のセミナーを開催予定です。

関連記事

  1. 民泊法規制news

    マンション空室、ホテルに無断転用した疑い 書類送検へ

    マンション空室、ホテルに無断転用した疑い 書類送検へ朝日新聞デジタ…

  2. 民泊法規制news

    政府、無許可民泊の罰則強化へ

    政府、無許可民泊の罰則強化へ(ロイター)2017/2/15…

  3. 民泊法規制news

    住宅宿泊事業法案

    自民党会議情報(自民党)2017/2/19◆政調、国土交通…

  4. 民泊ニュース

    民泊バブルがやってきた

    民泊バブルがやってきてます。住宅宿泊事業法の成立を見越して、簡易宿…

  5. 民泊法規制news

    民泊新法まとめ 2017.2.18

    現状で報道されている民泊新法関連情報をまとめてみます。内容は未確定…

  6. 民泊ニュース

    シャワーカーテンは横しまがいい

    私どもは、民泊清掃の作業者資格として、お掃除マイスターという認定講座を…

PAGE TOP