民泊ニュース

「民泊」解禁どころか後退へ、個人での民泊は全滅か?

「民泊」解禁どころか後退へ、経産省の不作為(日経ビジネス 2017.2.28)

民泊新法として、今国会に提出に向けて3月上旬に閣議決定予定の「住宅宿泊事業法」ですが、個人の民泊はほぼできない内容であることがわかります。

180日の営業制限ばかりに注目が集まっていますが、そのほかにいろいろなできなくなるポイントがあります。
まず、民泊を行う場合には「標識」を公衆のみやすいところに掲げることというのがあります。
これは、ホストの住所氏名連絡先を、マンションのオートロックの外の外壁などに掲示することです。しかも罰金30万円。

個人情報保護の観点から見ても、個人譲歩を公衆にさらさないと、営業ができないというものです。
世界的には、規制の日数いないなら、登録は不要とするものが多いそうですが、これではほとんどの人が、登録できないでしょう。

登録も、ほとんど建設業法のような届け出ですので、不在型の民泊を自営する場合は、自分の財産、管理体制などを届け出なければなりません。

えらいことです。

 

nikkeibp_minnpaku_fusaku

 

今後、この関係のセミナーを開催予定です。

関連記事

  1. 民泊法規制news

    エアビー、民泊新法に対応 営業日数超は非表示

    エアビー、民泊新法に対応 営業日数超は非表示(元記事はこちら)…

  2. 民泊ニュース

    Airbnb 旅行会社へ進化(でもアイドルエコノミー)

    今回、共同創業者の一人、ジョーゲビア氏が来日し、記者発表を行い…

  3. セミナー

    合法民泊・簡易宿泊所による高収益不動産投資セミナー­

    不動産投資利回りが低下していませんか? 空室の増加 …

  4. 民泊法規制news

    民泊新法まとめ 2017.2.18

    現状で報道されている民泊新法関連情報をまとめてみます。内容は未確定…

  5. セミナー

    airbnb 新法民泊の内容と対策ミートアップ

    airbnb 新法民泊の内容と対策ミートアップ かねてから、制…

  6. 民泊ニュース

    阿波おどり期間中 民泊実施へ

    徳島県では、県をあげて民泊を推進しています。国の規制のなか…

PAGE TOP