民泊ニュース

 緊急出版! 新法民泊入門 住宅宿泊事業法(案)詳細解説

法案の詳細が出ましたため緊急出版します。

 

購入はこちらアマゾン kindlで

不動産屋さん大家さんのための新法民泊入門: 住宅宿泊事業法(案)最新解説付き

いよいよ、民泊新法が国会に提出されるようです。公開されている法案は、住宅宿泊事業法。これにより、グレーゾーンと呼ばれていた民泊が合法に運営できるようになります。

ただし無条件で解禁されるわけではありません。民泊の運営者、管理事業者、仲介事業者(airbnbなどのサイト)は、各所管官庁に届け出をださないといけません。

それぞれ営業していることを公衆にわかりやすいところに表示する義務もあります。

また免許税や罰金を含む罰則が決められています。
半面、住宅で事業できるということは、既存の住宅を宿泊施設に改装して転換し許可をとる必要がなくなります。これは大きな規制緩和です。この緩和を最も推進してきたのは空き室に悩む不動産業界といわれています。
不動産業界にはすでに準備をすすめているところも多いといわれています。
でもこの法律は1部屋だけでも民泊業に参入できることができる法律でもあります。
現在空き家でお困りの大家さん、不動産屋さんにはチャンス到来です。
いままで、宿泊業は全くしらないという方にも、わかりやすくそのノウハウを解説します。
代表的な民泊仲介サイトであるairbnbの時価総額は6兆円とも言われています。(非公開会社なので正確なところはわかりません)昨年の訪日外国人2400万人のうちairbnbを利用した方が360万人だそうです。法律が施工されれば、参入が相次ぎテレビコマーシャルも始まるでしょう。日本人への認知も広がり、出張族を取り込めれば、さらに市場は広がります。
家賃収入を大きく上回るリターンが実績としてありますので、参入を考えている方が多いのです。
でも、どうすればいいのかわからない。という方に優しい解説の本になっています。

 

購入はこちらアマゾン kindlで

不動産屋さん大家さんのための新法民泊入門: 住宅宿泊事業法(案)最新解説付き

 

講演依頼はこちら

toaiwase@bnbtoursupport.jp

関連記事

  1. 民泊ニュース

    民泊バブルがやってきた

    民泊バブルがやってきてます。住宅宿泊事業法の成立を見越して、簡易宿…

  2. 民泊法規制news

    厚労省 ホテルのフロント廃止も 旅館業法改正へ

    厚労省ホテルのフロント廃止も 旅館業法改正へ毎日新聞 2017…

  3. 民泊法規制news

    京都市、「民泊」の対策チーム立ち上げへ

    京都市は20日、個人宅に有償で旅行客らを泊める「民泊」が広がっているこ…

  4. 民泊ニュース

    民泊お掃除でお母さま方にも収入を

    シェアリングエコノミーの中でも、民泊は周辺への経済波及効果が大…

  5. セミナー

    airbnb 新法民泊の内容と対策ミートアップ

    airbnb 新法民泊の内容と対策ミートアップ かねてから、制…

  6. 代行業サービス

    民泊お掃除で女性活躍支援

    民泊のお掃除は、朝11時ごろから夕方4時ごろのお仕事です。つまり、…

PAGE TOP